コミュニティ・アップデート #42: 「Kenshi 2」のハイブとTシャツ

皆さま、こんにちは、コミュニティ・アップデートへようこそ!皆さまが楽しみにされている情報を、ネタバレ無しで提供するのがなかなか難しく、前回より随分と時間が経ってしまいました。でもリラックスして(死を楽しもう)ください、皆さまの「Kenshi 2」への飽くなき興味にお応えすべく、次のコミュニティ・アップデートはそれほど間を空けずに投稿される予定です。

Lo-FI Gamesでは全てが順調です;ツールを改良したり、プロセスを向上させたりしながら、順調に開発を進めています。企業が言いそうなことだ、と思われてしまうかもしれませんが、詳細をお話しても退屈なだけですので、「Kenshi 2」の開発がスケジュール通りに進んでおり、一部前倒しにもなっているという事だけお伝えしておきます。ただし、そのスケジュールに関してはまだ公表できる段階ではありません。

「Kenshi」のTシャツとシールが発売!

以前より、「Kenshi」のグッズに関してのご要望を頂いており、グッズ販売の予定などお伝えしていた事もありますが、ついにその準備が整いました。グッズはRobaRobaという素晴らしいパートナーによって販売されます。彼らはIndieboxからスピンオフし、グッズの作成や発送業務に長けた会社です。

今回はまず、6種類のTシャツを販売します。皆さまに合うサイズを取り揃え、様々な国に発送できるという事です。当初は黒のシャツしか用意しておりませんが、今後、他の色やサイズ、バリエーション、そしてその他のグッズなども揃えていく予定です。

「Kenshi」のTシャツへの リンクはこちら!



また、シールも用意しました!これらもRobaRobaでの発売開始日にご購入頂けるはずですが、もし発売日当日にサイトに表示されていなかった場合には、また後日ご確認ください(新サービスのため、少々遅れが出ているようです)。

ハイブ

今回は「Kenshi 2」でも大きな役割を持つ事になる愛すべきハイブについての開発についてお話します。まずは、3D アーティストのVitaliのコメントです...

Vitali: ファンの皆さんが既にご存知の通り、ハイブにはいくつかの亜種が存在しますが、基本的なモデルは同じで、テキスチャー的には色のバリエーションがあるだけでした。「Kenshi 2」では彼らにもっと注力し、新たに加わる亜種に関しては新しくユニークなデザインが用いられています(それらのバリエーションに関しては、まだ秘密です)。ウェスタンハイブは、元からあるデザインにできるだけ近づけるようにしています。

Christopher (コンセプト・アーティスト):  ハイブは多くのプレイヤーに愛されており、とても面白いデザインだと思います。初めて砂漠で彷徨っている棒状の脚の生き物に出会った時の衝撃は何ものにも代えがたいものです。ですから「Kenshi 2」でハイブをデザインするに当たり重要視したのは、見た目の特徴を大きく変えたり違和感を与えないようにする事でした。

3D アーティストのVitaliはまず、「Kenshi」のハイブをモデリングし、「Kenshi 2」用にデザインを洗練させていきました。その後、様々な提案を取り入れ、オーバーペイントし、それらの変更がデザインを向上させるかどうか検証していきました。

例えば、肘と肩の皮膚を柔らかく、皺の寄った皮膚で覆うとどうなるか試してみました。これは、ドローンタイプとその他のハイブを頭の形以外でも見分けがつくようにしたかったためです。

また、角を変えることも検討しました。角を強調する事で、ソルジャードローンが戦闘や諍いの際に、その角を使うことができないかと考えました。最終的には、角はオリジナルのままになっていますが、キャラクター・エディターではその長さが調整できるようになっています。

試行錯誤の末に、たどり着いたのが以下の通りで、最終的には美しいデザインになったと思います。

このサイトを利用することで、クッキーの使用に同意することになります。 詳細はこちらから。

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close