ロードマップ

(最終更新日: 2018年1月22日)

下記は予定された残りの開発作業の概要です。特に決まった順番はなく、バグ修正やその他の細かい事柄を記載しています。パーセンテージや時間枠はあくまでプレイヤー向けの大まかな推定ですので、ご了承ください。また、記載された機能は変更される可能性があり、随時追加/削除していきます。ラグジュアリー機能に関する告知は ここ をご覧ください。

現在ベータ段階です。

現在作業中

現在、バグ修正、人口義肢、出血、クロスボウ、ローカライズ、新規マップの人口形成を中心に作業しています。ワークフローの詳細は、 Trello ボードをご確認ください(機能は編集/削除される場合があります)。

  • 98%

    会話

 

会話、AI、外交: 配信済み、ゲーム内での開発進行中。

NPCや本との全般的な接触、街の襲撃、外交的な接触。暴漢と盗賊はプレイヤーに対して脅迫や虐待、略奪ができます。守衛はボディーチェックや捜査を行えます。話術や賄賂で困難な状況を切り抜けられます。訪問してくる外交官と接触し、主要派閥のリーダーや警察署長との関係に影響を及ぼすことができます。

単純に「全員殺す」ことを目的として襲撃や基地訪問、急襲を実行するのではなく、略奪や破壊行動、強請、復讐、取引、同盟の強化などの目的を決めてみましょう。放浪する商人や帝国の外交官が配信されており、今後も追加を予定しています。

 

  • 95%

    四肢の負傷

 

ロボット義肢&クロスボウ: 配信およびゲーム内への組み込み完了(試験ブランチ)

クロスボウを用いた遠距離武器戦闘、大量出血、四肢切断。カニバルはキャラクターを捕らえ、救出されるまで四肢を1本ずつ食らいます。四肢を失うとロボット義肢が必要になります。また、四肢を失ったキャラクターは這って進み、這った状態で戦います。

 

  • 50%

    ローカリゼーション

 

会話のローカライズ配信日未定

日本語、ドイツ語、ポルトガル語版が配信されました。現在、スペイン語、ロシア語、フランス語の公式翻訳を進めています。ロシア語は間もなく配信予定で、2018年第三四半期にはスペイン語とフランス語の配信を予定しています。各言語の配信通知をご希望の場合は、当社の メーリングリスト にご登録ください。一度限り、メールでお知らせいたします。Special thanks: Sol Lignum、Marie Libert、Yuri、MoGi Translations、Paola Grana

 

 

  • 90%

    人口形成

 

人口形成: 配信日未定

870平方kmの広大なワールドマップには、多様な生物群系が生息しています。また、水や川、新しい街、様々な派閥も発見できます。これまでに新規マップの3/4を配信し、現在南東地域の人口形成を行っています。

現在ベータ段階です。ゲーム機能はほぼ完成しており、プログラミングの関係上、大規模な機能の追加を行うことはありません。つまり、アップデート毎にゲームが故障することはなくなり、より頻繁に配信を行うことになります。現在は小規模な機能やゲームプレイのバランス調整、主要なバグやコンテンツの修正段階に入っています。 

 

 

優先度の低い作業とラグジュアリー機能について…

ラグジュアリー機能は開発段階で廃止されるか、あるいは1.0以降の配信で追加される可能性のある機能です。この機能に関する告知は ここ.

  • 戦闘のディテールとスタイルの追加。時間と予算制約に応じて、槍を使った戦闘や武器を持たない戦闘が含まれる場合があります。また、アニメーションや負傷も追加する可能性があります(例: 這って進んだり、這った状態で戦う)。 *
  • 遠距離武器を使用した戦闘(クロスボウ) *
  • 壁を破壊または乗り越える能力。
  • 大量出血と四肢の切断。カニバルがキャラクターの四肢を救出されるまで1本ずつ食らいます。四肢を失うとロボット義肢が必要になります。 *
  • コントローラーサポート
  • マウント、卵の孵化、飼いならし

*星印の付いたラグジュアリー機能は、ゲームに追加されました

 

配信済みの機能…

  • ローカライズ
    • ポルトガル語(今後追加される会話も翻訳予定)
    • 日本語(今後追加される会話も翻訳予定)
  • ロボット義肢
    • 四肢はダメージが-100以下になると切断されます。足を失えば、地面を這って進まなくてはならなくなります。
    • 足のダメージがKOポイントを超えた場合も、包帯を巻かなければ地面を這うことになります。
    • ロボット義肢は、スケルトンベッドで追加/削除が可能です。ロボット義肢はあらゆる面でデータに影響を及ぼします。
    • かなり不利ではありますが、腕が1本残っていれば、地面を這いながらも戦うことはできます。
    • 切断された四肢が空を切って飛び、犬がそれを持って逃げます。
    • 飼い犬は四肢を発見すると過敏になり、食べるまで四肢を持ったまま逃げます。これは若い犬だけの行動で、いずれやらなくなるので心配はいりません。
    • 四肢を失う確率はオプションで減らすか、無効にできます。
  • クロスボウ
    • クロスボウショップが点在しています。
    • クロスボウと弾薬を基地で作成できます。
  • 出血
    • 大量出血!
    • 出血しているキャラクターが這って進むと、その後に血の道ができます。
    • 辺りをうろつく盗賊団がプレイヤーの基地を襲撃し、基地を奪おうとします。盗賊が勝った場合、プレイヤーを基地から追い出して自分たちの住み家にし、持ち物や食べ物を奪います。基地を取り戻すには盗賊を排除しなければなりません。
    • ホールドボタンがパッシブボタンの代わりになります。ホールドボタンでキャラクターが「ホールドポジション」モードになります。これにより、キャラクターが自ら戦闘に飛び込んで行くことはなくなり、代わりに範囲内に入った全ての敵と戦うようになります。この機能で近接戦闘要員の戦術的な配置が可能になります。例えば、近接戦闘要員に弓兵部隊を守らせたり、出入口を守らせたりすることができます。また、弱い労働者を戦場から離すという元々の目的も果たします。
  • ヘアスタイルと新規アイコンの追加
    • 新たに18種類のヒゲと17種類のヘアスタイルを追加。Arkhielさんが快く提供してくれました。
    • 手描きのインベントリアイテムアイコンを追加。Diogo Santosさんが制作してくれました。
    • 男女それぞれに1つずつ新しい顔を追加しました。
  • 外交
    • 主要な派閥全てに接触可能な外交官を追加しました。湿地、ホーリーネーション、シェク王国、フロットサム村の本部または警察署で会話をトリガーできます。
    • ハイブクイーンに何かが起きた時に、マップ全体でハイブが示す様々な反応を追加しました。
  • キャンペーン&基地訪問
    • 商人がゲートに訪れて取引を持ちかけるようになりました。
    • 派閥がプレイヤーに向けて外交官を派遣し、税金などを要求できるようになりました(現在帝国が追加されています。他のバリエーションも追加予定です。)
  • 地形システムの大幅な最適化
    • 地平線を見る際のフレームレートが改善され、より詳細が映し出されるようになりました。ただし、描画レベルと地形の詳細度が低い、遅いシステムをご利用の場合、大幅に改善されることはありません。
    • 遠方の地形で二次的な詳細度の閾値を追加しました。
    • 初期のローディング状態が、全てが完全に読み込まれるまで継続します。
    • 起動時の遅いロードシーケンスを変更し、スプラッシュスクリーンの背後で実行するようにしました。
    • コードに全体的な小規模の最適化を行いました。
  • 天候システム
  • チュートリアル
  • Ogre 2.0 Engine
    • 全体的なパフォーマンスを改善しました。街に関してはまだ負荷がかかりますが、特にホーリーネーションの街では改善が見られるはずです。
  • 密輸
    • 密輸が職業の選択肢になりました。麻薬や違法な商品を購入して、違法とされている場所で売却し、莫大な利益を手に入れましょう(買う場所と売る場所は自分で見つけなければなりません)。
  • 新しい武器
    • 種類が倍増し、鈍器や切りつける武器、棒状の武器が追加されました。また、鈍器のスキルがアンロックされ、既存の武器の外観も全面的に見直されました。レアな武器や変わった武器も発見可能です。
    • 武器タイプの特徴を追加し、データのバランス調整を行いました。 武器は屋内で使用する場合、アドバンテージまたはペナルティがあり、特定の相手または動物に対してボーナスダメージが与えられます。
    • キャラクターが屋内にいる際、主要武器よりも着装武器の方が屋内でのペナルティが少ない場合、自動的に着装武器に切り替えます。
    • 鍛冶機能の全面的な見直し
    • 武器を持たない戦闘を追加しました。武器の使い方を習得するよりもかなり難しく設定されています。おそらく更なるバランス調整が必要です。長期間のゲームプレイで完全にテストされていません。
  • Steamワークショップの統合
    • ゲームの翻訳を可能にする機能を追加
    • Blender対応を追加
  • ワールドマップを一新
    • ブラッシュアップを重ねてより詳細に描かれています。新しい派閥や新登場のコンテンツ、他多数を発見できます。ニューランドマップの一部が現在配信されています。残りの場所も徐々に配信し、できることや発見できるものを追加していく予定です。
    • 川を横切ったり、海で溺れたりします。
    • キャラクターが水に濡れます。
    • 水面にラグドール物理を適用しました。
  • キャンプ
    • 簡易キャンプベッドを作ったり、火を起こしたりして、旅をしながらサバイバルします。
    • 寝袋は再利用可能なキャンプベッドとして使用できます。
  •  飢餓
    • 時間はかかるものの、飢えで死に至ることがあります。キャラクターの見た目は肉体的な強度や栄養失調などの状態に応じて変化します。
    • プレイヤーデータは負傷や栄養失調による影響を受けます。
  •  建物の建設と農業
    • 建物は複数の資材を使って建設します。機械には鉄や、時に銅が必要になります。
    • 研究技術の階層、新技術、バランスを改善しました。
    • 研究を加速化できるようになりましたが、アイテムまたはアーティファクトを消費します。
    • 全く新しい建物を追加しました。複数階構造になっていて、屋根に砲塔を取り付けられます。建物は破壊することができます。
    • 新しい電力システムを導入しました。 発電機には燃料が必要です。風力は風の強さで変動し、変動時はバッテリーが代わりになります。燃料は作物から作ることができます。
    • 農業システムと様々な種類の作物を改善しました。
    • 崩壊した建物を見つけたら、購入して修繕できるようになりました。
    • 屋内の水耕農業技術を追加しました。
    • 雨で農場や作物が潤うようになりました。
    • 様々な規模の農場が入手可能になりました。
    • 建物にダウングレードボタンを追加しました。
    • 資源をリサイクルできるようになりました。建物や壁を分解して、他の建物の資材として使用できます。
  • 新たなエンジン
    • 新しいシャドウシステムを導入して改善を施しました。また、システムの実行速度も速くなりました。
    • 新しい地形エンジンを導入しました。実行速度が速まり、外観が改善され、遠方にある山がより詳細に映し出されるようになりました。
    • 新しいPBRおよびHDRグローバルライティングシステムを全面的に見直しました。ビジュアルクオリティが大幅に改善されています。(Linda MacGillさんとBug ZenのIgor Frolovさんに感謝!)
  • AIウォーキャンペーン
    • NPCの派閥が適切なミッションを開始できるようになりました。古いバージョンにあった派閥襲撃の機能と類似していますが、こちらは完全に動的なシステムになっています。襲撃が繰り返される場合は、作戦を実行している派閥の基地を排除することで阻止することができます。
  • 街や巣の排除
    • 住民が死んだ後、街の人口は徐々に再生を始めます。付近の街と密接に関係しているNPCを大量に排除すると、その街を多少弱体化することができます。例えば、カニバルの村付近をうろつくカニバルを全滅させることができます。現在、「ホームレス」の派閥にいる盗賊などのキャラクターは、この影響を受けません。
  • ランダムな盗賊キャンプ
    • (他の派閥の中でも)盗賊派閥の人材源となります。再生や減少、排除が可能です。
  • 集団の編成
  • 奴隷の売買
  • 犯罪システム 
    • 店から盗んだり、法の執行機関が犯罪と認定したり、スリを実行できます。眠っているNPCは音で目を覚ましますが、彼らからは比較的簡単に盗めます。警察は武器と盗品を没収し、売却できます。
    • 略奪に関する法が変わりました。誰かから実際にアイテムを奪わない限り、略奪者としてマークされることはありません。また、もともと自分の持ち物だったものを取り返した場合も、犯罪にはなりません。さらに、被害者が盗賊や犯罪者、または奴隷だった場合も犯罪になりません。
    • NPCにも同じ法律が適用され、略奪者としてマークされるようになりました。
    • 誘拐も犯罪になりました。このため、眠っている店番を攫って逃げることはできません。できることはできますが、何らかの結果を招きます。
    • 盗品は全て「略奪品」となるため、元値で売却することはできなくなりました。
    • 略奪品のペナルティの埋め合わせとして、盗品売買者の購入価格が元値の25%から50%になりました。
  • 無制限の商人インベントリ
  • 奴隷制
    • 新しく捕獲された奴隷は全員奴隷キャンプに送られます。逃げようとすればハープーンで捕らえられます。侵入者は捕獲されます。奴隷商人は奴隷の服を剥ぎ、髪を剃ります。没収したアイテムは倉庫に保管されます。奴隷は檻に入れられ、日中は鉱山で働かされます。奴隷には足枷が付けられ、ピッキングか道具を使って壊さない限り、取り除くことはできません。
  • ステルスの仕組み
    • 変装しましょう。別の派閥の制服を着れば、気取られない限り、NPCはあなたを仲間だと勘違いします。
    • ステルスKOの成功確率がスキルベースになりました。NPCが強くなると、ノックアウトも難しくなります。成功確率が表示されます。
  • 新たな種族
    • シェク、ハイバー、スケルトンが追加されました。種族にはそれぞれ、特定のデータに対して異なるボーナスとペナルティがあります。
  • 新規GUIの改善と見直し
    • 改善されたキャラクターエディターにより、骨ではなく顔の特徴でモーフィングを行います。見た目が良くなり、より制御しやすくなって、ゲーム内のパフォーマンスが上がります。キャラクターモデルを全面的に見直しました。
  • DX11モード
  • 64-bitバージョン
    • 現在Kenshiで必要とされている条件により、32-bitバージョンへの対応はできなくなりました。ただし、32-bitの古いマップに戻すことは可能です。
  • 照明
    • 夜がより暗くなりました。建物に照明を取り付けることができます。新しいグローバルイルミネーション・アンビエントライティングモデルとBRDFマテリアルシェイダーを導入しました。
    • 屋内に居ても建物が影を落として反射します。
    • ソフトパーティクル(地面との境界線が柔らかくなりました)
  • 生物
    • 生物のコーディングはほぼ完了しました。徐々に導入していきます。
    • プレイヤーが仲間の動物集団を操作できます。
    • 革を作るには動物の皮が必要になります。
    • 一部の動物は、作物やプレイヤーの死体、時に意識を失っている体を食べることがあります。
  • 新しい会話/AIハイブリッドシステム
    • 状況の詳細を考慮に入れ、過去にプレイヤーがしたことを記憶します。暴漢や盗賊は、常にプレイヤーが視界に入り次第襲ってくるのではなく、むしろプレイヤーを困らせたり、盗みを働こうとします。街にいる暴漢はプレイヤーを侮辱し、ゲートの外に出て、プレイヤーが街を出る時に飛び掛かって来ます。NPCはプレイヤーに話しかけたり脅迫をしたりしながら、つけ回し、追いかけて来ます。また、プレイヤーが逃げようとすると気付きます(会話コンテンツは現在作業中)。
    • 会話ログウィンドウを追加しました。
  • 新規地形エンジン 
  • 経路発見/動作エンジンをHavok AIエンジンにしました。
  • 新しい建物を追加
    • 死体を廃棄する火葬炉
    • 古い武器や鎧を鉄に溶かす溶鉱炉
  • 探査を追加
    • 農場、井戸、鉱山などは、建設されたエリア内で手に入る資源に依存します。
  • 新たな壁とゲート(レベル3~5)を追加
  • 砲塔
    • 訓練用砲塔、ハープーン砲塔。NPCの守衛を要員として配置できます。

このサイトを利用することで、クッキーの使用に同意することになります。 詳細はこちらから。

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close